So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

正式名称は86 [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→神戸クリニック 梅田


2012年春に市販が予定されていると報道されている、

トヨタとスバルが共同開発したスポーツ車。

この正式名称が遂に明らかになりました。

その名は「86(ハチロク)」。

ちょっとノスタルジー過ぎるし、スバルにしてみれば

何の思い入れも無いとは思いますが、

イメージは分かりやすいかもしれません。



このスポーツ車は、スバルの方でも発売しますが、

名称は、「BRZ」という名前だそうで、

来季のスーパーGT300クラスへの出場が決定しているとのこと。
  


このクラスのスポーツ車が売れないとして、

各社が撤退していったわけですが、

この86が何かを変えることができるのでしょうか。

難しいとは思いますが、何か期待してしまいます。



こちらもどうぞ→ホワイトソニックジェル

年金68歳から どうなる? [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→宅配水.info



民主党の年金改革中間報告によれば、

懸案となっていた、厚生年金支給を68~70歳へ引き上げる案を

見送るという事になったようです。

また、共済年金と厚生年金の一元化やパートや短時間労働者への

厚生年金の運用拡大などは実現を求めています。



やはり支給年齢の引き上げに関しては、

根強い抵抗があるのは当たり前です。

それと引き換えに定年退職の年齢も上げるなら分かります。

つまり、至急開始を遅らせるなら、

代わりに収入を得るための手段を確保するしかありません。

今のように、ただ支給年齢を上げるというのは、

60歳超えたら死ねと言っているのと同義です。

ただでさえ、65歳支給で空白の5年間が

大変なのに、さらに5歳上げるというのは

人殺しに等しい行為とも言えます。

もっとも年金をもらうだけでは、

到底生きていけるような金額ではありません。



少子高齢化を止める手立てを取るでもなく、

60歳からの仕事に関しても、一切考慮する事も無く、

お金が無いから支給年齢を上げるでは、

道理が全く通りません。

政治家を一度やったら、お金に苦しむ事はありませんから、

そういった事に無頓着というか、

おそらく何も考えていないのでしょう。

この国の将来には指針や展望がまったくありません。

暗黒時代へ突き進むだけなのです。



こちらもどうぞ→光ファイバーとADSL





魚の水域表示 [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→脱毛サロン


福島の原発事故から、海産物の獲れた海域が

一体どこだか知りたいという声が非常に多くなり、

それに答える形で、大手スーパーだけの取り組みではありますが、

東日本の太平洋のうち、どの水域で漁獲された水産物かを

表示する取り組みが始まったようです。



もともと海産物の産地表示というのは

グレーゾーンとしてはかなり有名ですが、

今回は獲れた場所まで表示するというところまで

踏み込むようです。

あの惨事によって、逆にそういった事が進んだという

何とも皮肉な結果となりました。

今後は東日本に限らず、全ての海産物で

同じような事をしてくれるようになると、

より食の安全や業者の倫理感の向上に

役立ってくれるのではないでしょうか。



こちらもどうぞ→安眠枕ランキング

凄いぞリケジョ [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→フィッシュコラーゲン



面白いというか、凄いニュースが入ってきました。

茨城県のとある高校の数理科学同好会という

サークルに所属していてるOBや在校生遭わせて5人が

偶然発見した化学現象の論文が

何と権威のあるアメリカの専門誌に掲載されるそうなのです。




彼女達は2008年に「BZ反応」という科学実験をしていたそうです。

この反応は酸化と還元を繰り返す事により、

水溶液の色が赤と青に交互に代わっていくというもので、

一般的には、最終的に赤で動かなくなるそうなのです。

実験もその通りに赤で動かなくなったとの事。

普通ならそこで片付けてしまう所、

たまたま、片づけをせずほったらかしのまま、

カラオケに行ってしまったそうなのです。

ここまでは、全く誉められる事ではなく、

むしろ怒られる所なのですが、

偶然とは恐ろしいもので、週が明けてメンバーが

実験室へ戻ってきてみると、なんと液体が黄色くなっていたのです。



そこで彼女達は、その理由を探り始めます。

すると、試薬の条件が整えば、5~20時間後に

変化が再開することを突き止めたのです。

この事象は全く知られていなかった現象だったため、

書かれた論文が専門誌の目にとまったというわけです。

専門家曰く、「高校生の論文掲載は世界的な快挙。

今後は彼女らの実験結果を、プロの化学者が

後追い研究することになるだろう」とたたえています。

正に瓢箪から駒。

何が起こるのが分からないのが、化学の世界なのでしょう。




こちらもどうぞ→カロリストン

キムタク大ピンチ [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→乳酸菌


TBS開局60周年記念ドラマという大きなサブタイトルがついた

木村宅哉さん主演の「南極大陸」が大ピンチです。

初回放送の視聴率は22.2%となかなかいい数字でしたが、

徐々に下がっていき、第5回の放送では、遂に13.2%に。

専門家によればこの落ち方は、どんどん視聴者が離れていく

落ち方だそうで、今後1ケタ代の可能性まで出てきています。



このドラマ、言わずと知れた、かつて高倉健さんが主演をして

大ヒットとなった映画「南極物語」と同じ原作からの話です。

今回、わきを固める俳優陣も人気・実力共に折り紙つきの人ばかり。

それなのにこの数字の低下は、単純に面白くないという事でしょう。

またキムタクの演技に関してもいつものキムタクで、

何をやっても同じというレッテルが

完全に貼られてしまっているようです。

また、昭和にそぐわない茶髪、全く雪焼けしていないなど

作り込みの甘さが露呈して、視聴者に完全に

見透かされている作品となっているようです。

このままいけば、TBSドラマとしても大惨敗する可能性が

濃厚で、様々な責任問題が社内で紛失するのではと、

マスコミでは書かれています。

そろそろスマップ自体がきつくなってきましたね。



こちらもどうぞ→どろあわわ


水戸黄門の終結 [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→髪根頭で育毛・養毛


人気テレビドラマ「水戸黄門」が京都の東映撮影所で

クランクアップしたそうです。

なんと放送開始は1969年の8月ですから、

42年間も続いてきたドラマが終了してしまうのは、

非常にさみしい感じがしますね。



その結果、水戸市では放映継続を求める署名運動が起きていたり、

撮影所がある京都でも連続時代劇の継続を求める要望書を出す等

いろんなところに影響が出ているようです。

いずれにしろ通算43部、1227回も続いたこのドラマも

とうとう終了と言うわけです。

最後の黄門さまとなった里見浩太朗さんは、

助さんで、17年、黄門さまで10年と27年間も携わっただけに

感慨もひとしおだったようです。

個人的にも時代劇が無くなってしまうのは、

非常につまらないような気がしますね。



こちらもどうぞ→アンプルール トライアルキッド

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。