So-net無料ブログ作成

大学の自治はどこへ [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→レーシック手術と年齢


先日の報道で、11の国公立大学の原子力研究機関に対して、

06~10年度の5年間で、国や原子力関連企業などから

少なくとも104億8764万円の資金が提供されたことが分かりました。

しかも規模の大きな大学では毎年、数億円規模で受け取っていて

「原子力推進」に沿う限り、研究資金を安定的に得られる仕組みが、

確立されており、国の政策に大学が取り込まれてることが

はっきりしました。

大学の自治なんて言うのは、嘘っぱちという事です。




これで政府、電力会社、建設業界、原子力関係企業、大学、

地方議員、官僚といったところが、ガッチリとタッグを組み、

見事な利益誘導システムを構築していたことが良くわかります。

事故さえ起きなければ、電力代は高くなるが、

関係者みんながハッピーになれるシステムというわけです。

しかし、今回のような未曾有の事故が起きると、

何も関係の無い国民が全ての代償を払うという事なのです。

これでは原子力行政から脱却することはできないでしょう。




今、火力発電に切り替えていて、ほら燃料費がかかるから

電気代も値上げしなければいけないと、

火力発電のデメリットを打ち出し、

だから原発がいいんだという伏線をうっているようです。

国民もバカじゃない事を信じたいです。

原子力が安いのも嘘っぱちですし、

物凄いリスクで運営されてきた事もよく分かったでしょう。

原子力は人間には制御できないものであるという事を

我々は、よく理解しなければいけませんね。



こちらもどうぞ→オリゴ糖の効果

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。