So-net無料ブログ作成

年金68歳から どうなる? [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→宅配水.info



民主党の年金改革中間報告によれば、

懸案となっていた、厚生年金支給を68~70歳へ引き上げる案を

見送るという事になったようです。

また、共済年金と厚生年金の一元化やパートや短時間労働者への

厚生年金の運用拡大などは実現を求めています。



やはり支給年齢の引き上げに関しては、

根強い抵抗があるのは当たり前です。

それと引き換えに定年退職の年齢も上げるなら分かります。

つまり、至急開始を遅らせるなら、

代わりに収入を得るための手段を確保するしかありません。

今のように、ただ支給年齢を上げるというのは、

60歳超えたら死ねと言っているのと同義です。

ただでさえ、65歳支給で空白の5年間が

大変なのに、さらに5歳上げるというのは

人殺しに等しい行為とも言えます。

もっとも年金をもらうだけでは、

到底生きていけるような金額ではありません。



少子高齢化を止める手立てを取るでもなく、

60歳からの仕事に関しても、一切考慮する事も無く、

お金が無いから支給年齢を上げるでは、

道理が全く通りません。

政治家を一度やったら、お金に苦しむ事はありませんから、

そういった事に無頓着というか、

おそらく何も考えていないのでしょう。

この国の将来には指針や展望がまったくありません。

暗黒時代へ突き進むだけなのです。



こちらもどうぞ→光ファイバーとADSL





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。