So-net無料ブログ作成

凄いぞリケジョ [ニュースコラム]

まずおすすめリンク→フィッシュコラーゲン



面白いというか、凄いニュースが入ってきました。

茨城県のとある高校の数理科学同好会という

サークルに所属していてるOBや在校生遭わせて5人が

偶然発見した化学現象の論文が

何と権威のあるアメリカの専門誌に掲載されるそうなのです。




彼女達は2008年に「BZ反応」という科学実験をしていたそうです。

この反応は酸化と還元を繰り返す事により、

水溶液の色が赤と青に交互に代わっていくというもので、

一般的には、最終的に赤で動かなくなるそうなのです。

実験もその通りに赤で動かなくなったとの事。

普通ならそこで片付けてしまう所、

たまたま、片づけをせずほったらかしのまま、

カラオケに行ってしまったそうなのです。

ここまでは、全く誉められる事ではなく、

むしろ怒られる所なのですが、

偶然とは恐ろしいもので、週が明けてメンバーが

実験室へ戻ってきてみると、なんと液体が黄色くなっていたのです。



そこで彼女達は、その理由を探り始めます。

すると、試薬の条件が整えば、5~20時間後に

変化が再開することを突き止めたのです。

この事象は全く知られていなかった現象だったため、

書かれた論文が専門誌の目にとまったというわけです。

専門家曰く、「高校生の論文掲載は世界的な快挙。

今後は彼女らの実験結果を、プロの化学者が

後追い研究することになるだろう」とたたえています。

正に瓢箪から駒。

何が起こるのが分からないのが、化学の世界なのでしょう。




こちらもどうぞ→カロリストン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。